ヨガバイブル HOME >> ヨガ的生活全般, 美容法:養生記 >> キレイの春じたくは質の良い睡眠から

2008年02月19日

キレイの春じたくは質の良い睡眠から

menuri.jpgまだまだ寒い日もあるけれど、日中の日差しにほんの少しだけ春を香りを感じます。

そろそろ自然界では生命が芽吹く時期。
動物たちは冬眠から目を覚ます頃でしょうか?

今日は、美しさと睡眠の話題です。

漢方では、腎が弱まることで女性の体に様々な不調が起きる考えられています。
質のいい睡眠は腎を養い体の潤いをキープします。

腎は、生命力や精力が貯蔵される場所。
体に潤いを与えて余分な熱を冷ます腎陰(じんいん)と体を温める腎陽(じんよう)の2つの働きがあります。

夜型の生活やストレスなどで腎陰が減少してくると潤いが不足し、肌や髪が乾燥しやすくなったり、体の「なんとなく不調」に悩まされることに。

腎臓の時間は、午後11時から午前1時
腎の力は「腎臓」の力。

「和漢三才絵図」という古典によると五臓六腑にはそれぞれ疲労から回復するための時間があるそうな・・。

腎陰は寝ているときに蓄えられます。
できれば、夜11時には眠りたい。
午後11時から午前1時の間で、どれだけ睡眠を取ったかによって体調が左右されるそうです。

生活のリズムを見直して、質の良い睡眠からキレイの春じたく始めませんか?

そんなの無理だわ・・・という人も、週に1日はそんな時間を作ってみてはいかがでしょうか?

■私の快眠リスト
音楽: 女子十二楽坊
中国伝統楽器とポップス・クラシックの融合に癒され気持ちよく眠りにつけます。

香り: ラベンダー
枕に数滴垂らします。
好きな香りはいろいろあるけれど眠りに入る儀式としていつもラベンダーを選びます。

なかなか寝つけない時: 
半身浴・耳マッサージ・コンニャク湿布・腹式呼吸・無空のポーズ

« コンニャク湿布ースローな美容法ー腎は女の命 | HOMEへ

【ヨガ的生活全般, 美容法:養生記カテゴリーの関連記事】

キレイの春じたくは質の良い睡眠から
コンニャク湿布ースローな美容法ー腎は女の命
女性にイイと噂の「大豆イソフラボン」
ロハス「LOHAS」とは?
チャートでわかる あなたのLOHASタイプ
「スロー」の本質
半身浴の実力
腹式呼吸法
足首回しで肩こり知らず
人は40歳を境に老いていく
簡単リラックス・ヨガ的100秒間の秘密

キレイの春じたくは質の良い睡眠からを最後までお読下さいましてありがとうございます。
Hatenaブックマークに追加 このエントリーをHatenaブックマークに追加

に関するホームページをお持ちの方、相互リンクしませんか?
ヨガ リンク登録について
ヨガ リンク集カテゴリー一覧
ヨガ 新規登録はこちらからどうぞ